売買・取引について

ダイヤモンド買取の注意点、買い取ってもらう前に知っておきたいこと

2018-10-03 11:00

数多くある宝石の中でも、買取価格が高額になるもののひとつが、ダイヤモンドです。しかし、ダイヤモンドならどこで買い取ってもらっても同じ値段を提示されるというわけではありません。鑑定書の有無、どのお店を選択するのか、買取を依頼するタイミングなどによって、買取価格が大きく変動することがあります。ここでは、ダイヤモンドを買い取ってもらう際の注意点をご紹介しましょう。

ダイヤモンドの品質を表す4Cの種類と特徴

2018-09-18 10:00

ダイヤモンドを取り扱うなら、必須の知識となるのがダイヤモンドの4Cです。ダイヤモンドの価値を決める評価基準として4つのポイントがあり、それぞれの評価からダイヤモンドの価値が決まります。今回は、ダイヤモンドの4Cについて説明していきますので、ぜひご一読ください。

ダイヤモンドの品質を調べる「鑑定」と品質を保証する「鑑定書」

2018-09-19 10:00

ダイヤモンドの買い取りをビジネスとする上では、「鑑定」の内容と「鑑定書」についての知識が必要不可欠です。本記事では、ダイヤモンドの価値を決める際に重要となる、鑑定と鑑定書について説明します。また、鑑定書を発行する機関の特徴についても触れますので、ぜひご一読ください。

金売却にかかる税金の仕組みをおさらい!

2018-06-30 10:00

近年は金の価格が上昇しているということで、今まで以上に金への注目が集まっています。もうすでに金の売買をしているという人もたくさんいるのではないでしょうか。そこで今回は、金の売却にかかる税金の仕組みについて解説していきたいと思います。

金先物とは?その特徴やメリット・デメリットに迫る

2018-06-29 10:00

近年、金の価値は上昇していると言われていますが、そんな中で金先物取引という取引方法に注目が集まっています。この記事では、金先物取引がどんなものなのか、またどのようなメリット・デメリットがあるのか解説していきます。

個人間での金売買・金相続に際して把握しておくべきルール

2018-06-26 10:00

個人間で金の売買を行ったり、金の相続や贈与を行ったりする場合には、税金についてあらかじめ知っておきたいことがあります。売買で利益が出た場合には確定申告の対象になる場合もありますし、金の相続や贈与を考えている場合には、相続税・贈与税についてもその内容をしっかり把握しておくことが重要です。ここでは、個人間の金のやり取りをする際に知っておくと役立つことについて、項目に分けてご紹介していきます。

金取引の前に手数料等をしっかりチェック!少しでも得をするためには

2018-06-25 10:00

金投資を検討されている場合に知っておきたいこととして、金の購入や売却にかかる手数料の価格を挙げることができます。金取引についての手数料は、金の購入方法についても変わってきますが、ここでは特に、金地金による金の購入売却についての手数料をご紹介していきます。ちなみに、金地金とは金の延べ棒のことです。金地金を購入したり売却したりする際には手数料が必要になる場合が多くあります。どのくらいの手数料がかかるのか、購入と売却に分けて詳しくご紹介します。また、金の鑑定料についてもあわせて解説していきます。

金取引に伴うインターネットトラブルの例とその回避方法

2018-06-24 10:00

近年では、直接店舗で取引をしなくても、インターネット等で金取引が手軽にできるようになりました。しかし、手軽な一方でそれが原因のトラブルが引き起こされることも少なくありません。利用する側としても、ある程度慎重に行動をしなければなりません。ここでは、金取引に関するトラブルの事例とその回避方法について、詳しく解説します。

金取引・投資のポイントは「自分に適した手法を見極めること」

2018-06-23 10:00

例え世界に急変が起こっても、最後まで価値が失われることのない最強の資産といわれるのが、金です。社会の変化が激しい今こそ、金を投資対象にしたいと考えている人は少なくありません。しかし通貨や株式と比較しても、金投資は身近なものといえないのが実情です。金投資初心者が押さえておくべき、金取引・金投資のポイントについて解説していきます。

古物市場はどう変わる?2018年以降の動向を探る

2018-06-14 10:00

リサイクルショップの在庫管理、商品の仕入れに欠かせない古物市場。インターネットの普及により、一般のエンドユーザーが気軽に古物取引できるようになりました。古物商にとっては仕入れ、販売ともに一層の競争激化が予想されます。こうした状況の中で、古物市場はどのように変わっていくのでしょうか。2018年以降の古物市場動向を探っていくことにしましょう。

貴金属宅配相場はこちら

人気記事ランキング

新しい記事