Original

W杯優勝国には「金のトロフィー」が送られる!ワールドカップのトロフィー豆知識

W杯の優勝国に贈呈されるトロフィーは、金の含有率が75%、つまりK18で作られており、その価値は金相場で換算すると2,000万円にも及ぶと言われています。まさに国宝級の価値があると言っても過言ではありません。

価値があるからこそ、トロフィーには多くの人が注目し、様々なエピソードができて語り継がれているのです。この記事では、そんなW杯のトロフィーにまつわる豆知識をいくつか紹介したいと思います。

【目次】

触れられるのは国家元首と優勝チームだけ

トロフィー盗難防止のため表彰式後はすぐに回収される

トロフィーは世界を巡っている

W杯の金トロフィーは売ったらいくらになるのか

まとめ


触れられるのは国家元首と優勝チームだけ

W杯の優勝国に贈呈される金のトロフィーですが、国家元首と優勝チームのメンバー以外は触れることが許されていません。というのもこの優勝トロフィーは過去に2度盗難されたことがあるからです。

1度目の盗難はブラジルにトロフィーが譲渡された1983年のことです。当時のブラジルは政治と経済が混乱しており、そんな状況も相まってこの事件は起こりました。結果的に犯人は逮捕されたものの、どれだけ捜査してもトロフィーが見つかることはありませんでした。

2度目は1996年、イングランド大会が行われる前の展示会中のことです。展示会に飾られていたトロフィーが盗難されてしまい、イングランドサッカー協会に金銭を要求する脅迫状が届きました。その後の警察のおとり捜査により、犯人は逮捕されました。ただ、容疑者は真犯人から雇われて受け渡ししていただけで、トロフィーの行方は知らないと供述しました。しかしその後、一般住宅で飼われている子犬が偶然トロフィーを発見し、結果的にトロフィーを無事取り返すことができました。

2度の盗難を経て、W杯のトロフィーのセキュリティは厳重なものになりました。


トロフィー盗難防止のため表彰式後はすぐに回収される

W杯のトロフィーには現在、厳重な対策が施されています。たとえば、W杯の表彰式では優勝チームにトロフィーが贈呈されますが、表彰式が終わるとトロフィーはすぐに回収されてしまいます。その代わりに優勝国には金メッキが施されたトロフィーのレプリカが贈呈されます。盗難を防ぐために、W杯のトロフィーの所有権を持つ国のサッカー連盟が対策を施しているのです。


トロフィーは世界を巡っている

いくら盗難対策のために厳重に保管するといっても、サッカーファンやそのトロフィーの価値を知っている人なら、一度は目にしたいと思う人も当然多くいるものです。そんな期待に応えるために、FIFAはコカ・コーラと提携して、「コカ・コーラFIFA ワールドカップトロフィーツアー」を実施するようになりました。

このトロフィーツアーは、W杯を開催していない期間にトロフィーを世界中で展示するもので、ドイツ大会でヨーロッパや、南アフリカ、中南米大陸、ロシアなど世界中を巡ったのが始まりです。日本にもトロフィーが飾られました。国の要人と優勝メンバー以外は触れることはできませんが、一般公開ではW杯のトロフィーを目にすることができます。

またこのトロフィーツアーですが、どのように運ばれていると思いますか?実はトロフィーの運搬には、W杯のトロフィー専用のジェット機が使われているのです。赤と白を基調としており、コカ・コーラのロゴをデザインしています。なかなか利用される機会もないので、飛行機の姿が見られるだけでも貴重です。

このようにW杯のトロフィーは厳重な管理のもとで保管されています。このトロフィーはスポーツ界において象徴的なものなので、トロフィーツアーによって誰でも目にすることができるようになったことは、ファンはもちろん、そうでない人にとっても嬉しいことです。


W杯の金トロフィーは売ったらいくらになるのか

W杯の金トロフィーですが、もし売った場合にはどれくらいの価値がつくのでしょうか。W杯のトロフィーは、高さ36.8センチ、重さ6.175キロ、そして金の含有量がK18の金で作られてします。K18の金相場は1グラム当たり3,500円前後なので、金の価格だけで計算しても、2,000万円は下らないでしょう。まさに国宝級の代物ですね。当然、これだけ厳重に管理されていることもあり、その貴重さはまさに「プライスレス」。金の価値に加え、プレミア性も考慮するとなると、数億円は下らないでしょう。

さらに詳しく知りたい方はこちら→金にはなぜこれだけの価値があるのか?その歴史、利用法の変遷を知る

まとめ  

W杯の金トロフィーはその価値から、一般人は触れることすら許されていません。またW杯トロフィーは金の価値としても2,000万円、そこにプレミア性も考慮すると、その価値は計り知れません。みなさんももしかしたらプレミアの価値がつくような品物を気づかないうちに手にしているかもしれません。


【関連記事】

意外と知らない金の知識!金に関するお役立ちネタ4選をご紹介します

金にはなぜこれだけの価値があるのか?その歴史、利用法の変遷を知る

【新着記事】