Original

金取引・投資のポイントは「自分に適した手法を見極めること」

例え世界に急変が起こっても、最後まで価値が失われることのない最強の資産といわれるのが、金です。社会の変化が激しい今こそ、金を投資対象にしたいと考えている人は少なくありません。しかし通貨や株式と比較しても、金投資は身近なものといえないのが実情です。金投資初心者が押さえておくべき、金取引・金投資のポイントについて解説していきます。

【目次】

金そのものを所有する手法(地金、金貨)

管理会社の元で少しずつ買い付ける手法(純金積立)

レバレッジをかけてハイリターンも狙える手法(金先物取引)

運用会社に任せて金を運用してもらう手法(金投資信託)

まとめ


金そのものを所有する手法(地金、金貨)

金投資の中で、もっともわかりやすいのが金そのものを所有する手法です。一度購入してしまえば、管理費もかからず、何よりも金の美しい輝きを毎日でも眺めてその資産価値を実感することができます。

金を所有する形としては、インゴットや延べ棒と呼ばれる地金と各国が発行する金貨があります。

最近特に若年層からも人気があるのはデザイン性の高い金貨で、3gのコインならば2万円台から購入できます。少額から購入できて、コレクションとしても楽しめるのが魅力ですが、傷がつくとプレミアムが落ちてしまうという点と、地金よりも割高であるのが難点です。

地金はコレクション性に欠けますが、実物資産としての存在感が高く、傷などによって価値が下がることはありません。こちらは5gで3万円程度なので、金貨と比べると割安感があります。

地金、金貨とも手元におけるのはメリットである一方で、紛失や盗難の恐れがある点がデメリットといえます。

地金や金貨を取引する際には、手数料に注意が必要です。重量サイズが大きいほど手数料がお得になるので、何回かに分けて小さいサイズで買うよりも、できるだけまとめて大きい重量サイズにするのがポイントといえます。


管理会社の元で少しずつ買い付ける手法(純金積立)

毎月1,000円からでも積み立てられる純金積立は、貴金属販売会社のほか証券会社や銀行などの金融機関でも取り扱うようになりました。ある程度まとまった資金が必要な地金や金貨を購入するのに比べて、お小遣いから始められる気軽さが人気です。

金相場は毎日変動するため、「ドルコスト平均法」というリスク分散型の買い付けが行われていますが、購入者には知識も手間もまったく必要ありません。定額貯金をするように、自動引き落としでコツコツ金を買い続けられます。

手続き一切を管理会社が実施するため、実物の金を見ることはできませんが、現物所有のように盗難や紛失の恐れもなく安心です。また積立に併せ、スポット購入をすることもできます。例えばボーナス月や臨時収入があったときに定額購入にプラスして、購入額を増やす方法もあります。

積立購入した金は、最終的には売りに出すことも、現物で受け取ることも可能です。貴金属会社では、ジュエリーなどの商品に換えられるところもあります。

純金積立で使われる「ドルコスト平均法」は、金価格が安いときに多めに買い付け、高いときには少な目にするという操作が行われます。長期積立をすればするほど、購入価格が平均化できる仕組みです。逆に短期積立の場合では金投資自体のリターンがそれほど期待できないため、あまり意味がありません。純金積立のデメリットである手数料負担の方が、利益を上回る結果となる可能性があります。

純金積立を開始する前には、長期継続ができるか十分に検討しておきましょう。


レバレッジをかけてハイリターンも狙える手法(金先物取引)

金投資の手法のひとつとして「金先物取引」があります。先物取引は、「受渡期日が半年から1年先の商品の価格を先に取り決める」というものです。

金先物取引の特長の一つ目は、株式の信用取引のように「売り」から始める事ができるということです。実物取引では、将来の値上がりを予測し先に買って高くなったら売ることで利益を得ることが基本ですが、金先物取引では値下がりを予測し先に売って安くなったら買い戻すことで利益を得ることも可能です。

二つ目は、金先物取引でかかる手数料が現物売買に掛かる手数料の実質数十分の一ということです。現物売買では売値と買値に数十円の差(これを売買スプレッドと呼びます。地金商の手数料もここに含まれます)がある為、差益を出すには売買スプレッド以上の値上がりが必要です。それに対し金先物取引では1円程度のスプレッドしかないため現物相場より差益が出しやすいということになります。先物取引ではそれとは別に取引手数料が掛かりますが、ネット取引であれば1kgの売買にかかる手数料は数百円程度と微々たるものです。

三つ目のもっとも大きな特徴は、レバレッジが効いているため少額投資で大きなリターンを狙うことができるということです。金先物取引を行う際には「委託者証拠金」というお金を預けますが、その資金の数十倍もの取引を行うことが可能となります。10万円程度の資金であっても数百万円の取引ができるため、予測が当たれば大きく儲けることができます。一方で、予測が外れた場合の損失も大きくなります。当然、証拠金以上の損害を被る危険性もあります。

最初は取引量を控えめにし、証拠金に余裕をもたせながら投資を学んでいくのがポイントです。


運用会社に任せて金を運用してもらう手法(金投資信託)

金投資信託は純金積立と混同されがちですが、金そのものを保有する商品ではありません。金価格との連動によるETF(上場投資信託)や、金鉱企業の株式、先物に投資して金の値動きから利益を上げるなど、間接的に金相場と関わる商品と考えれば良いでしょう。

金の投資信託は100円からの少額投資ができる上、純金積立よりも手数料が安いという魅力があります。利用者が直接的に金に投資をするのではないため現物は手に入りませんが、そこにこだわるのではなく、金が持つ普遍的な価値に対して投資をしたいという人にはおすすめです。

また金投資信託にもさまざまな商品があり、その多くが為替ヘッジを行ってリスク回避をしていますが、中には円高などの影響により為替変動による損失が発生する可能性がある商品もあります。

金投資信託は気軽に始められ、比較的リスクの低い投資方法ですが、商品を選ぶ際には十分に内容を検討する必要があります。


まとめ

時を経ても輝きを失わず、場所や国を超えて普遍の価値を持つ金は、先の見えない今、投資対象として注目されています。現物を買い付けて手元におく以外にも、多彩な金投資の方法が提供されています。安易に飛びつかず、それぞれのリターンの大きさやリスクの可能性を考えて、自分に最適な手法を見極めることが大切です。


【関連記事】

金投資の特徴を確認!「守りの資産」として活用していきましょう

過去の金価格の傾向から今を知ろう!約20年の金相場の傾向とは?

【新着記事】