Original

金貨の種類|目的別「3種」の金貨について知りましょう

金貨にはどのような印象をお持ちでしょうか?金貨は3種類に分類でき、それぞれが持つ目的や価値はそれぞれ異なります。具体的にどのような違いがあるのか、また金貨はそもそもどのように使われ始めたのか解説します。


【目次】

金貨は紀元前から価値あるものとして使われていた

金貨の種類①通貨型金貨

金貨の種類②地金型金貨

金貨の種類③収集型金貨

同じ金貨でも目的・価値は皆それぞれ

まとめ 


金貨は紀元前から価値あるものとして使われていた

通貨型の金貨が初めて誕生したのは、紀元前6~7世紀頃とされています。トルコ西部に存在していたリディア王国で、世界初の通貨としての金貨が生まれました。中国では前漢時代に馬蹄金と呼ばれる金が発行されています。馬蹄金は、主に臣下への褒賞として与えられたようです。このように金貨は、流通用の日常的な貨幣の役割とは別に、褒賞や記念品として使われていました。

こうした金貨は、紀元前に行われていた物々交換における「評価」を明確にするために導入されました。物々交換では、お互いが取引する際の計算が非常に曖昧でした。また、鉱物類といった重量のあるものを物々交換するのは持ち運ぶのが大変で、多大な労力や手間がかかっていました。そこで、誰もが取引アイテムとして使用することができる、共通の貨幣という概念が生まれたのです。

貨幣として最初に用いられたものは貝殻でした。従来の物々交換で発生していた労力や手間が減り、貝殻貨幣は世界中に広がりました。しかし、貝殻貨幣にも問題点があったため長くは続きませんでした。

問題点とは、貝殻が、時間の経過とともにすり減り、使用できなくなってしまうということです。普遍的な価値が求められる貨幣として、貝殻はふさわしくなかったのです。そういった理由で、新たに金が貨幣として使われるようになりました。金はサビに強い金属であることから貨幣に適した素材として用いられてきました。


さらに詳しく知りたい方はこちら→人類と金の関係・歴史①「古代エジプトのツタンカーメン物語」

金貨の種類①通貨型金貨

現在は主に3種類の金貨が発行されています。そのうちの1つが「通貨型金貨」です。この金貨は、金融機関で両替することで購入できます。金の価値以上の額面が付与されており、補助貨幣的な性格を有しています。日本では、天皇陛下御在位60年記念の10万円金貨、天皇陛下御即位記念の10万円金貨などが通貨型金貨として発行されています。

金貨の種類②地金型金貨

地金型金貨は、含まれている金の市場価格に若干プレミアを上乗せした価格で発売され、市場価格に連動して時価取引される金貨です。ただし多くの場合では地金価格より額面が低くなっています。地金価値が額面価値より高く、プレミア性も兼ね備えていることから、主に投機を目的に購入されることが多くなっています。カナダのメイプルリーフ金貨、南アフリカのクルーガーランド金貨、アメリカのインディアンコイン、中国のパンダコインなど主要な産金国を中心に発行されています。

金貨の種類③収集型金貨

収集型金貨は、主に記念硬貨など行事や出来事に合わせて発行されることが多い金貨です。この金貨は多くの場合、額面価格が地金価格より安く販売されます。市場での価格は収集家、あるいは貨幣商の間で決められます。日本国内では、オリンピック大会や大阪万博の際などに発行されています。


さらに詳しく知りたい方はこちら→金貨の購入価格は?世界の有名な金貨とその価格をチェック

同じ金貨でも目的・価値は皆それぞれ

金貨は、金というそのもの自体に価値があることには変わりませんが、実際の金貨の価値や用途はそれぞれ異なります。例えば地金型金貨の場合、地金価格より額面価格が低く設定されています。

有名な地金型金貨として、カナダ政府が毎年発行しているメイプルリーフ金貨があります。この金貨は純度100%の純金でできており、実際の買取価格や流通価格は額面以上の価格になっています。また収集型金貨の例として、日本国内で発売された長野オリンピックに合わせて発行された記念コインもあります。こちらは発行枚数が少なく、額面1万円の金貨を現在、4万円前後で買い取っているようです。こういったプレミア性から、収集型金貨はコレクション目的に購入される場合が多いです。

まとめ 

このようにひとくくりに金貨と言っても、その目的や価値はそれぞれ異なります。もし金貨を持っているのであれば、一度見積もりに出してみることをおすすめします。もしかしたら額面以上の価値が付いているかもしれません。


【関連記事】

金の種類ってどれくらいある?それぞれの金の価値や買取価格とは

過去の金価格の傾向から今を知ろう!約20年の金相場の傾向とは?

【新着記事】