Original

金相場はだいたい純金の4分の3!K18の金に関する基礎知識

普段の生活の中でも耳にしたり、目にする機会も多いK18という言葉。なんとなくの意味は想像できつつも、詳しい中身や意味までは知らない、という方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回はK18の金に関する基礎知識をまとめてみました。これを読んで、金に関する知識をより深いものにしていってくださいね。


【目次】

「K18の金が使われている場面」

「純金から比重がK6下がったのに応じて、価格も下がる」

「合金に使われる金属「割金」とは」

「K18」のあとにGP・GFの刻印があったら注意」

・​​​​​​​まとめ


「K18の金が使われている場面」

K18という言葉を聞いた時にイメージするのは、ネックレスやイヤリングなどのジュエリー類ではないでしょうか。その想像はおおよそ正しく、高い純度を保ちつつ、加工しやすさを損なわず、適度な硬さを持つK18は、ジュエリーにはうってつけの金と言えます。

金以外の配合を調整すれば、ピンクゴールドやホワイトゴールドといったカラーバリエーションをつくることができるのも魅力の一つと言えるでしょう。

ジュエリー以外にも時計、ライター、カメラ、スマートホンケースなど、その用途は広く、普段の生活の中で最も身近な金と言っても過言ではないかもしれません。

ちなみに、K18という表記の他にも、18Kという表記を見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。どちらも金含有量75%を表すものではあるのですが、実は製造国の違いで、このような表記の違いが生まれているのです。

日本の造幣局の決めた制度では、数字の前に「K」をつけるということが決められています。それに対して18Kは海外で製造されたものにつくケースが多い傾向があります。


「純金から比重がK6下がったのに応じて、価格も下がる」

日本では、金の純度を24分率で表示します。ですので、日本で「純金」と名乗れる金属は、純度が99.99%以上のもので、K24と表記されるのです。

K24はほぼ100%の純金含有率を誇るため、腐敗・変色することなくその輝きは永久的に持続します。ただ柔らかいためジュエリーには向かず、インゴットやコインなど、主に資産価値を目的とした製品に加工されることが多い傾向があります。

それに対してK18は、純金からK6=約25%の金がひかれ、その代わりに別の金属が混ぜられているということです。金の含有率が少なくなったわけですから、当然K24よりは価値が下がることになるということを覚えておきましょう。

ちなみに、K24やK18で使われているKは「金」の略ではなく、karat(質量)という意味ですので、合わせて覚えておくと良いですね。


更に詳しく知りたい方はこちら
【純金・K24】金純度99.99%以上・フォーナイン純金の特徴と魅力


「合金に使われる金属「割金」とは」

例えば先ほど説明したK18の場合、75%は金ですが、残りの25%は別の金属です。主に銀や銅、バラジウムなど金属が混ぜられているのですが、これらを総称して「割金」と呼ぶのです。繰り返しになりますが、金にはやわらかいという特徴があるため、傷がつきやすく型崩れしやすいという欠点があります。

金塊として保管しておく分には問題はないのですが、ジュエリーなどの普段使いで楽しむとなると、どうしてもその耐久性に問題が出てきます。そのため、意図的に他の金属を混ぜることで強度を高くし、色やデザインをアレンジして楽しむ方法が一般的となっているのです。

K18などは、金の質を落とすために混ぜ物をしているわけではなく、以上のように金合金は明確な目的の元で割金が入れられており、そうして生まれた合金は、合金としてきちんと評価されていますので、純度が低いからといって品質が悪いわけではないということを覚えておきましょう。


「K18」のあとにGP・GFの刻印があったら注意」

金含有量の差こそあれ、しっかりと「ならでは」の魅力を持ったK18ですが、一点注意しないといけないことがあります。それがGPやGFという表記。貴金属品の裏には必ず刻印があり、そこにK18という刻印も刻まれているのですが、中にはK18 GPやK18 GFと書かれたものがあります。これはそれぞれ「gold plated」「gold filled」の略で、要は金メッキ張りのことです。

確かに金メッキは本物の金を使用していますが、鉄やアルミ素材の物の表面に薄く金を施したものですので、「金としての価値」は無に等しいと言えます。

アクセサリーとして使う分には問題ありませんが、いざ投資用のアイテムとして見た時は、かなり大きなダメージを受けてしまうことになりますから、GPとGFは特に注意をして刻印をチェックするようにしましょう。


まとめ

耳にする機会や、目にする機会、そして実際に身につける機会も多いK18。純金ではありませんが、ちゃんとした目的のもとに作られた合金ですので、その価値は決して低くありません。含有率が純金の25%減ですので、金相場もだいたい純金の4分の3となります。

まずは手近にあるK18から、金投資を行う人も多いのではないでしょうか。


【関連リンク】

金相場の基準!最も輝きを放つK24の金の特徴は?

過去の金価格の傾向から今を知ろう!約20年の金相場の傾向とは?


【新着記事】