Original

純金の相場はどのように変動するのかをチェック

投資先として近年盛り上がりを見せている純金。投資を考える際に一番に考えなければいけないのが、その時々の相場です。これから初めて純金投資をしていこうと考えている方であれば、その相場がどのようにして変動していくのか、具体的にはわからない。という人もいるでしょう。そこで今回は、純金の相場変動の要因となる事象を細かく解説していきます。

今回紹介する事例はあくまでも一例や傾向であり、実際には複数の要因が影響しながら相場が変わっていきますので、必ずしもその通りになるとは限らないのですが、まずは導入として、参考にしてみてください。

【目次】

「純金の相場は「投資・製造」の2つの需要に左右される」

「純金相場変動の要因①政情不安・金融不安」

「純金相場変動の要因②金利の変動」

「純金相場変動の要因③製造面での消費の増大」

まとめ


「純金の相場は「投資・製造」の2つの需要に左右される」

純金の相場は常に変化をしていますが、その変動のメインとなっているのは「投資」と「現物需給」の2つの需要です。

投資はその名の通り、金投資をする人が増えれば増えるほど価値が増えていき、その逆に人々が投資を控えれば相場は下がっていきます。インフレが起これば貨幣価値がどんどん下がっていってしまいますから、純金投資をする人も増えるでしょう。そうなれば純金相場も自然と押し上げられていくのです。

また純金は工業製品をはじめとし、さまざまな用途で使われています。そのため純金を使った製品の製造量が増えれば増えるほど、それに合わせて相場も上がって行きます。そしてもちろん、不景気により製造量が落ちれば、それに伴い純金相場も落ちていくのです。

世界共通の価値で取引されるからこそ、純金の相場を掴んでいくためには、世界規模の広い視野を持たなければなりません。全体を俯瞰しつつ、景気の波を敏感に捉えていくスキルが必要となるでしょう。


「純金相場変動の要因①政情不安・金融不安」

また純金の相場は、世界のさまざまな政治や経済状況にも影響を受けます。

一般的に景気が良い時には金が売られて紙幣が買われるため、純金相場は下がります。一方で、戦争や紛争、テロなどの政情不安、また不景気などによる金融不安が高まると、今度はリスクの高い株式や金融商品が次々と売られ、その資金が純金へと流れていくため純金相場が値上がりする傾向があるのです。

要は、平和な時はわざわざ金を持つ必要はないが、何か有事があった際には貨幣価値や企業価値が大きく下がる可能性もあるため、世界共通の価値を持つ金を持っておこうとするわけですね。

9.11のアメリカ同時多発テロの際が最たるもので、政治的緊張の高まりを背景に純金相場が大きく上昇しました。


さらに詳しく知りたい方はこちら→なぜ「金」には価値があるのか?その用途、価値の変遷とは


「純金相場変動の要因②金利の変動」

純金そのものには金利がついていないのですが、逆にそれを理由とした相場の変動が起こることもあります。

好景気の際には金利も高くなっていくため、金利のつかない純金は他の金融商品と比べて投資資金が集まりにくくなります。

その逆に不景気になっていけば、各国で大規模な金融緩和が行われ、金利が下がっていきますので、金利のつかない純金のデメリットが薄れ、投資対象としての価値が上昇し、相場も上がっていくのです。

2008年のリーマンショックの時が最たる例で、世界的な不況が訪れたことにより、それまでは主に宝飾品としての需要しかなかった純金が、一気に投資対象として注目を集めるようになりました。


「純金相場変動の要因③製造面での消費の増大」

純金はさまざまな製品の材料としても使われており、製造業の景気の波にもその相場を左右させられます。

景気が良くなり、人々の消費が増せば、純金を用いた製品の製造量も増えていくわけですから、純金の流通量が増し、相場が上昇していきます。

その逆に不景気などを要因に、人々の消費が抑えられてしまうと、それに比例して製造量も下がっていってしまいますので、純金の流通量も減少。相場が下がっていくというわけです。


まとめ

人々の消費活動や、世界的な情勢、景気の波など、さまざまな要因で変動を見せる純金相場。これらすべてが複雑に絡み合っていますから、一部分だけに注目していては、予想とは真逆の相場変動に出会うこともあるかもしれません。慣れないうちは、その動きに戸惑ってしまうこともあるでしょう。国内の動きは元より、世界全体の動きを俯瞰して、総合的に市場の流れを読み解いていくことが求められます。

だからこそ純金売買や投資を行う際は、少しでも高い効果性を期待できる会社を選ぶことが重要になってきます。


【関連記事】

金を売りたいけど相場が分からない!価格はどうしたら上がるのでしょうか?

過去の金価格の傾向から今を知ろう!約20年の金相場の傾向とは?​​​​​​​

【新着記事】