Original

人類と金の関係・歴史④歴史を大きく動かしたアメリカのゴールドラッシュ

ハリウッド、メジャーリーグ、ラスベガス...「アメリカン・ドリーム」には様々な形がありますが、その原型といえばチャップリンの『黄金狂時代』で描かれたゴールドラッシュではないでしょうか?

今回は、人類と金の歴史を語る上では外せないアメリカのゴールドラッシュについてご紹介したいと思います。

【目次】

カリフォルニア・ゴールドラッシュ

 ・ジェームズ・マーシャルの発見

金採鉱技術の発展とゴールドラッシュの拡大

 ・当時の人々はどうやって金を採っていた?

アメリカを大きく発展させたゴールドラッシュ

 ・「カリフォルニア・ドリーム」

アメリカ以外で起きたゴールドラッシュとは?

 ・オーストラリアのゴールドラッシュ

まとめ


カリフォルニア・ゴールドラッシュ

ジェームズ・マーシャルの発見

1848年、カリフォルニア地方の開拓者であるジョン・サッターに雇われた現場監督のジェームズ・マーシャルは、川沿いの近くで輝く金属の欠片を見つけました。
言うまでもなくこの金属片の正体は砂金だったのですが、実はこれが世界を動かしたゴールドラッシュの始まりだったのです。


当初、サッターとマーシャルはこの発見を隠そうとしたそうです。
二人はカリフォルニアの地で農業主として成功することを計画していましたが、金が採れるとなれば混乱が起こり計画の妨げとなる恐れがあったからです。


しかし、カリフォルニアで金が出たという噂はすぐに流れ、国内外から一攫千金を求めて多くの人々が殺到しました。


金採鉱技術の発展とゴールドラッシュの拡大

当時の人々はどうやって金を採っていた?

当初は「選鉱鍋」を使って手作業で砂礫と砂金を選別していました。
カリフォルニアの砂礫は金の含有率が高く、これでも充分に砂金を集められたそうです。
しかし、この方法はそのうちに限界を迎え、やがて大型の機械を用いた金の採掘に移行することになりました。


1853年には金鉱原の丘の側面や崖を高圧のウォータージェットで削り金を採掘する、現代的な「水圧掘削法」が開発されています。
この背景には、前述の「選鉱鍋」で手軽に採れる金は既にあらかた採り尽くされてしまい、効率良く金を集めるには機械の導入が不可欠だった、という点があります。


このため、資金力のない零細の採掘者たちはだんだんに金を採ることができなくなり、その多くは資産をほとんど増やせないままゴールドラッシュの終わりを迎えたのだとか。
ゴールドラッシュの拡大とともに、いわゆる「成功者」(アメリカン・ドリームの体現者)と「敗北者」の区分が明確になったともいえますね。


アメリカを大きく発展させたゴールドラッシュ

「カリフォルニア・ドリーム」

カリフォルニアで発生したゴールドラッシュですが、採掘者の目線でいえば少数の「成功者」と多数の「敗北者」を生み出したものです。
しかし、この「カリフォルニア・ドリーム」とも呼ばれる現象がアメリカ全体を大きく発展させたというのも事実です。


開拓時代の続いていたアメリカでも僻地だったカリフォルニアには数十万人規模の移民が訪れ、サンフランシスコの住人も1847年から1870年の間に人口が500人から15万人と大きく増加しています。
つまり、ゴールドラッシュにより西部の開拓が急激に推し進められ、今のアメリカの土台になったのです。


今でもカリフォルニアの名前とゴールドラッシュは結び付けられ、アメリカ人のアイデンティティとして残っています。
それは、決断力と幸運があれば人は誰でも成功者になれるというアメリカ人の強さの象徴でもあります。
ゴールドラッシュが起きていなければ、もしかしたら今のアメリカは無かったのかも知れません。


ゴールドラッシュの成功者で今でも名の残る人物の一人に、セントラル・パシフィック鉄道者の社長であった「リーランド・スタンフォード」という人物がいます。
彼はゴールドラッシュで大成功を収め、大陸横断鉄道を整備するという大事業を成し遂げました。


アメリカ以外で起きたゴールドラッシュとは?

オーストラリアのゴールドラッシュ

ゴールドラッシュというとアメリカのものというイメージがありますが、実は意外と多くの国で起こっています。
例えば、1851年にオーストラリアのヴィクトリア州で起こったゴールドラッシュでは10年間で600トンを超える金が掘り出され、国全体の人口もこの時期に43万人から113万人と3倍近くにまで増加しています。


他にはニュージーランド、カナダ、ブラジルなどでゴールドラッシュが起きていて、その地域に少なからず恩恵をもたらしました。
これからも新たに金脈が見つかれば、リアルタイムでゴールドラッシュを見ることができるかも知れませんね。


まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、アメリカはカリフォルニアで起きたゴールドラッシュについて紹介しました。
一人の人間が見つけた砂金の欠片が世界を動かしたというのは、いかにも歴史的な出来事という感じがしますね。

今でもアメリカ人のアイデンティティとして記憶に残るゴールドラッシュの事を少しでも知っていただければ幸いです。


【関連記事】

人類と金の関係・歴史⑤なぜリーマン・ショックで金は売られたのか

意外と知らない金の知識!金に関するお役立ちネタ4選をご紹介します